科学のしもべ!?

突っ走る時代から取り残されないための個人的メモ

脊髄損傷が治るようになるかもしれない

 脊髄(せきずい)損傷の症状を、神経幹細胞の移植と抗てんかん薬の併用によって大きく改善させることに、奈良先端科学技術大学院大の中島欽一教授、■松(あべまつ)昌彦研究員らがマウスの実験で成功した。後ろ脚のマヒしたマウスの7割が歩けるようになった。18日に広島市で開かれる日本再生医療学会で発表する。

 神経幹細胞は、信号を伝えるニューロン(神経細胞)、そこに栄養を供給する細胞、神経を包むさやなどのもとになるが、脳や脊髄の損傷部では大半が栄養供給細胞になり、新たなニューロンはほとんど作られない。

 グループはこれまでに、抗てんかん薬として使われているバルプロ酸が、神経幹細胞のニューロンへの変化を促すことを発見した。

 今回、脊髄の傷ついたマウスの損傷部に、遺伝的に同系の胎児マウスから採った神経幹細胞を移植し、バルプロ酸を注射すると、6週間後には21匹中、15匹が後ろ脚を使って歩けるまで回復した。幹細胞の移植だけでは後ろ脚は少し動くものの体重を支えられず、バルプロ酸だけでは、ほとんど動かないままだった。

 詳しく調べると、神経幹細胞を移植してニューロンに変化するのは1%以下だが、バルプロ酸を併用すると約20%まで向上。断裂した神経回路を、新たな複数のニューロンがリレーするように再建していた。

 ■松研究員は「拒絶反応のない自分のiPS細胞(新型万能細胞)から神経幹細胞を作れば、有望な治療法になりそうだ」と話す。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100311-OYT1T00028.htm

続きを読む

体外培養したiPS細胞に遺伝子異常

人間のiPS細胞(新型万能細胞)を体外で培養し続けると、遺伝子に異常が起きることを、小川誠司・東京大特任准教授らが突き止めた。

 体に移植すると拒絶反応やがんにつながる恐れもあり、再生医療の実現に向けた新たな課題になりそうだ。19日、広島市で開かれる日本再生医療学会で発表する。

 iPS細胞の培養は通常、1~3日ごとにシャーレから一部の細胞を取り出して別のシャーレへ移す「植え継ぎ」を行う。小川准教授らは、京都大や東京大で別々に作製された計42株のiPS細胞の遺伝子を解析。平均20~30回、最短で5回植え継ぎをした12株で一部の遺伝子が増えたり、なくなったりする異常が起きていた。

 人間の体には異常な細胞を取り除く仕組みがあるが、シャーレでは生き残り、増えてしまうらしい。小川准教授は「iPS細胞は何度も作り直したり、凍結保存したりできるので、データを積み重ねれば、より安全なものを選んで使えるようになる」と話している。

2010年3月11日03時05分  読売新聞)
続きを読む

iPS細胞から立体的な腸が作られる

 さまざまな細胞に分化できる人工多能性幹細胞(iPS細胞)から腸を作り出すことに、
奈良県立医大(奈良県橿原市)の中島祥介(よしゆき)教授(消化器外科)らの
研究グループがマウスを使った実験で成功した。
これまでは平面的なシート状のものしかなかったが、
管状の立体的な腸を作ったのは世界初という。
患者本人の細胞から臓器を再生させ、拒絶反応なく体内に移植する再生医療や
移植医療への応用が期待される。

 中島教授によると、マウスのiPS細胞をシャーレのふたの裏側に付着させ、
重力に逆らって6日間培養。シャーレに移して培養を続けると、
約7日後に管の形をした組織に変わり始め、
2週間後には粘膜や筋肉の層などを備えた腸と同じ管状の組織に変化した。

 この組織は直径約2ミリ、長さ約5ミリ。腸に特有の「ぜん動運動」をしており、
便のような老廃物を押し出そうとする動きも観察できた。
小腸と大腸のどちらに当たるかは判別できないという。

 iPS細胞を巡っては、理化学研究所が大脳の立体構造を作ることには成功しているが、
他の臓器は細胞シートまで。管状の臓器を作り出した例は世界的になかったという。

 中島教授は「今後は人への応用が課題。
この技術を使って、腸が病気になるメカニズムを解明する研究にもつなげられる。
小腸の移植は拒絶反応が激しく、合併症のない手術ができるようになるかもしれない」と
話している。

 今月18、19日に広島市内で開かれる日本再生医療学会で発表する。【高瀬浩平】

毎日jp
http://mainichi.jp/select/science/news/20100310k0000e040041000c.html

続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
バナー2
オカルトイラスト4コマブログ

ねころびちゃんねる
ストレスフリーな2chまとめ

2ch怪談
珠玉の怪談まとめ
オーナー
  • ライブドアブログ